Course釣り入門講座

「釣りはしてみたいけど、どうやってやるか分からない・・・」という方のためのハヤブサキッズ釣り入門講座。
持ち物から釣り方まで、釣りに行く前に知っておくと役に立つ知識を紹介します。

釣りを始めるにあたって

釣りを安全かつ、みんなが楽しめるように、釣りをする際の注意点や基本的なルールを紹介します。

くわしくみる
釣りを始めるにあたって

準備する持ち物

これを持って行けば安心!釣りに必要な道具やあれば便利な持ち物を紹介します。

くわしくみる
準備する持ち物

釣具の使い方

竿の持ち方やリールの動かし方など、基本的な釣具の使い方を解説します。

くわしくみる
釣具の使い方

釣具のセッティング

糸の結び方・エサの付け方など、釣りを開始する前の下準備を解説します。

くわしくみる
釣具のセッティング

サビキ釣り

堤防釣りの中で最もポピュラーな釣りです。釣り方がとても簡単で分かりやすいうえに、
魚の群れが来ると誰でもたくさん釣れるので、初めての釣りにオススメです。

サビキ釣りで釣れる魚

サビキ釣りは周囲にエサを撒くため様々な魚が釣れます。ここではサビキ釣りでよく釣れる魚を紹介します。

アジ:サビキ釣りのメインターゲット。食べて美味しい釣れると嬉しい魚です。

イワシ:群れが来るとたくさん釣れます。ウロコが取れやすいのが特長。

サバ:傷みやすいので釣れたらすぐに締めてクーラーボックスに入れましょう。

カワハギ:口が小さくなかなか鈎が掛からないが、食べると美味しい。

チャリコ:真鯛の子ども。釣れたら海に帰してあげましょう。

スズメダイ:基本的には食べずに釣れても海に帰す場合がほとんどです。

メジナ(グレ):釣れる時は小型が多い。味は臭みがあるのであまり食べません。

アイゴ:トゲに毒があるので手で触れてはいけません。慎重に鈎を外して海に帰しましょう。

サビキに必要な道具

サビキ釣りをする際に必要になる道具を紹介します。
その他、釣りに必要な道具は「準備する持ち物」をご覧ください。

サビキ仕掛:鈎が数本結ばれており、鈎をエサと勘違いさせるため擬餌と呼ばれる物が付いています。

エサカゴ:撒きエサを入れるカゴ。

撒きエサ:サビキで使用するエサ。海に撒くことで魚が寄ってきます。アミエビをブロック状に凍らせた状態で売っています。

すいこみバケツ:簡単に撒きエサをエサカゴに入れることができる便利アイテム。

割りばし:撒きエサが最初は凍っているため、削る・ほぐす・混ぜるなど持っていればなにかと便利。

スプーン:すいこみバケツが無い場合、エサをエサカゴに入れる時に必要。

サビキ釣りの仕掛

サビキ釣りは、鈎がいくつも付いている“サビキ仕掛”とエサを撒くための“エサカゴ”が必要です。また、サビキの仕掛にはエサカゴが一番上に付くタイプと一番下に付くタイプがあります。釣りに慣れていない方は、仕掛が絡まりにくく扱いやすい下カゴタイプをオススメします。

ハヤブサキッズ 使いやすいサビキセット
お子様用のサビキ釣りセット。お子様が扱いやすい鈎数や全長に設計。またカエシの無い鈎を使用しており万一の時も安心です。

インスタントサビキセット
エサまで付いているサビキ釣りセット。粉末の乾燥したエサなので腐らず常温保存が可能。一つあればいつでも釣りに行けます。

仕掛の準備

竿にリールの糸を通した状態からの手順を解説します。

竿に糸を通すまでの手順はコチラ

仕掛のパッケージに「道糸」と書かれてある方にリールの糸を結びます。

仕掛とリールの糸を結びます。

仕掛の結び方はコチラ

仕掛をパッケージから全て出します。

仕掛の最後に付いているサルカンにエサカゴを取り付けます。

最後に竿を伸ばしたら準備完了です。

竿の伸ばし方はコチラ

エサの準備

※すいこみバケツを使用しない場合、この作業は必要ありません。

水汲みバケツで海水を汲みます。

すいこみバケツに海水と撒きエサを入れます。

撒きエサをほぐし、しっかり海水と混ざれば完成です。

さあいよいよ釣ってみよう!

釣りを開始する準備はできましたか?ではいよいよサビキの釣り方を説明します。サビキ釣りは、エサを海中に撒くことで、サビキ仕掛の擬餌鈎(エサに似せた鈎)を魚に食べさせるという釣りです。特に難しいテクニックは無く、誰でも簡単にできる釣り方ですので、説明を見たらすぐに理解できると思います。

エサカゴをすいこみバケツの中に数回沈めてエサを入れます。
※すいこみバケツを使用しない場合、撒きエサの袋からスプーン等で直接カゴに入れます。

竿を持ち、仕掛を海の上まで持っていきます。

リールのベールを起こして、仕掛を海に落とします。

仕掛が海底まで沈むとリールから出る糸が止まるので、リールのベールを倒して糸を巻ける状態にします。

3~5回程度リールを巻いて、仕掛を海底から少し浮かします。

竿を1~2回大きく上下に動かし、カゴの中のエサを撒きます。

エサを撒いたら、竿を止めて魚が鈎を食べるのを待ちます。しばらくして何もなければ、再度竿を上下してエサを撒きます。

魚が鈎に掛かると竿の先がプルプルと震えるので、そのまま水面まで仕掛を巻き上げます。

仕掛と魚を陸まで引き上げます。

最後に魚に掛かった鈎を外します。

鈎の外し方はコチラ

魚を水汲みバケツにしばらく泳がしておくか、クーラーボックスに入れましょう。あとは、同じ手順でどんどん魚を釣っていきます。

魚が釣れない!?

最初はエサをたくさん撒く

釣り開始直後は、魚が撒きエサに気付いていない場合があります。最初は、何回かエサを入れ直して撒きエサを周囲に散らすようにしましょう。

エサが無くなっていないか確認する

2〜3回海中でエサを撒けば、エサカゴの中は空になります。釣れないなと思ったらエサが無くなっていないか確認しましょう。

魚のいる深さに合わせる

魚が泳いでいる深さに仕掛が来るようにしましょう。海底付近から始めて、釣れなければどんどん上の方を探っていきましょう。

注意点

糸を巻き過ぎない。

仕掛上部のサルカンが竿の先まで来ている状態で、さらに糸を巻くと竿の先が折れる場合があります。特に魚が釣れている際、ついつい巻き過ぎてしまうことが多いので気を付けましょう。

仕掛を陸に上げる時は周囲に注意する。

引き上げた仕掛が、隣の人に当たらないように注意。魚が掛かっている時でも慌てず周りに気を付けるようにしましょう。

隣の人と仕掛が絡まないように注意する。

海に沈めた仕掛は、潮の流れによって横に流されてしまいます。隣で釣りをしている人の仕掛と絡まないように、ある程度流されたら仕掛を回収して沈め直すようにしましょう。

探り(胴付き)釣り

エサを付けて海に落とすだけ。探り(胴付き)釣りは釣果が得やすく、ターゲットとなる魚種が豊富なため、何が釣れるか分からないワクワク感があります。

探り(胴付き)釣りで釣れる魚

鈎にエサを刺して主に海底付近を探っていくため、岩に隠れて住んでいるような魚(根魚)がよく釣れます。また、根魚は漁の網で獲れないため高級魚とされています。

カサゴ

カサゴ:根魚の代表的な魚。釣れやすいうえに、とても美味しく人気の魚。

メバル

メバル:メバルも根魚の中で有名な魚でとても美味しい。カサゴより目が大きい。

アイナメ:アイナメも美味しく人気の魚です。

カワハギ

カワハギ:海底から浮かしているとよく釣れます。

ベラ

ベラ:良く釣れる魚。ベラは人によって食べる食べないが分かれています。

チャリコ

チャリコ:真鯛の子ども。釣れたら海に帰してあげましょう。

フグ:毒があるので釣れても海に帰しましょう。

ハオコゼ

ハオコゼ:背びれに毒があるため素手では触らない。カサゴに似ているので注意。

探り(胴付き)釣りに必要な道具

探り(胴付き)釣りをする際に必要になる道具を紹介します。
その他、釣りに必要な道具は「準備する持ち物」をご覧ください。

胴付き仕掛:鈎が数本結ばれた仕掛。サビキ仕掛とは違い鈎のみで擬餌は付いていません。

オモリ

オモリ:仕掛の一番下に付けます。画像のように上部にループ(アイ)があるものを用意しましょう。

刺しエサ

刺しエサ:鈎に刺して付けるエサ。主に虫エサを付けます。

探り(胴付き)釣りの仕掛

探り(胴付き)釣りの仕掛はとても簡単。リールからの糸に仕掛を結び、一番下にオモリを付けるだけです。しかし、海底で釣りをする探り(胴付き)釣りでは、根掛かり(岩にオモリや鈎が引っ掛かってしまう事)がよく起こります。糸が切れて仕掛やオモリが無くなることを想定して、多めに準備するようにしましょう。

使いやすい探り釣りセット
お子様用の探り釣りセット。お子様が扱いやすい鈎数や全長に設計。

コンパクトロッド かんたんぶっこみ釣りセット
仕掛にウキが付いているので、海中で仕掛がまっすぐに立つ。

仕掛の準備

竿にリールの糸を通した状態からの手順を解説します。

竿に糸を通すまでの手順はコチラ

仕掛のパッケージに「道糸」と書かれてある方にリールの糸を結びます。

仕掛とリールの糸を結びます。

仕掛の結び方はコチラ

仕掛をパッケージから全て出します。

仕掛の最後に付いているサルカンにオモリを取り付けます。

最後に竿を伸ばしたら準備完了です。

竿の伸ばし方はコチラ

さあいよいよ釣ってみよう!

釣りを開始する準備はできましたか?ではいよいよ探り(胴付き)釣りの釣り方を説明します。特に難しいテクニックは無く、基本的には海底で仕掛を上下に動かして魚を誘っていきます。

刺しエサを仕掛の鈎に付けます。

エサの付け方はコチラ

竿を持ち、仕掛を海の上まで持っていきます。

リールのベールを起こして、仕掛を海に落とします。

仕掛が海底まで沈むとリールから出る糸が止まるので、リールのベールを倒して糸を巻ける状態にします。

数回糸を巻いて糸のたるみをなくします。竿を上下に動かすとオモリが海底にトントン当たる位が目安です。

竿を上下して、海底をトントンしながら3~4回エサを踊らせます。

しばらく止めて魚がエサを食べるのを待ちます。

魚がエサを食べると竿先がプルプル震えます。すばやく竿先を上にして魚を鈎に掛けます。

水面まで巻き上げて、周囲の人に気を付けながら魚を陸にあげます。

最後に魚に掛かった鈎を外します。

鈎の外し方はコチラ

魚を水汲みバケツにしばらく泳がしておくか、クーラーボックスに入れましょう。あとは、同じ手順でどんどん魚を釣っていきます。

魚が釣れない!?

根魚はあまり移動しない

根魚は岩の隙間でジッとしており、あまり泳ぎ回りません。しばらく釣れない時は魚がいない場合も考えられますので、仕掛を落とす場所を変えながら釣りをしましょう。

エサが無くなっていないか確認する

知らないうちにエサが外れてなくなっている時がよくあります。しばらく釣れない時は一度仕掛を巻き上げてエサの有無を確認しましょう。

魚が居そうな場所を狙う

根魚は身をひそめる障害物のある場所を好みます。壁際やテトラポットなど、いかにも魚が隠れて居そうな場所を探して重点的に探っていきましょう。

少し投げてみる

他の人が釣りをしていない箇所には魚が沢山いる場合があります。真下がダメなら、少し投げて離れた場所を狙ってみましょう。

仕掛の投げ方はコチラ

根掛かりしてしまった!?

勢いで外す

根掛かりはゆっくり引っ張ると、逆に喰い込んで取れなくなります。竿を2回ほどパンッパンッと素早く振り上げるようにして、瞬間的な力を加えることにより外れる場合が多いです。

魚が掛かったのに糸が巻けない

魚がエサを食べてから糸が巻けなくなった時は、鈎が掛かったまま岩の隙間に潜った可能性があります。根魚は引っ張られると、自分のエラなどを岩に引っ掛けて踏ん張ります。無理に引くと先に糸が切れるため、ある程度引いても抜けない場合はしばらく放置し、根魚の警戒心が収まってから一気に引き抜きましょう。

どうしても外れない場合は切る

何をしても根掛かりが解消しない時は糸を切ります。できるだけ糸が海に残らないように、ハサミで手前を切るのではなく、糸を引っ張って遠くの仕掛の結び目などが切れるようにしましょう。その際、竿を曲げながら強引に引っ張ると、竿が折れてしまう場合があります。画像の様に竿を糸と水平にしてリールを後ろに引っ張って切るようにしましょう。またリールから糸が滑り出ないようにリールのスプール部分を抑えておきましょう。

注意点

糸を巻き過ぎない。

仕掛上部のサルカンが竿の先まで来ている状態で、さらに糸を巻くと竿の先が折れる場合があります。特に魚が釣れている際、ついつい巻き過ぎてしまうことが多いので気を付けましょう。

仕掛を陸に上げる時は周囲に注意する。

引き上げた仕掛が、隣の人に当たらないように注意。魚が掛かっている時でも慌てず周りに気を付けるようにしましょう。

隣の人と仕掛が絡まないように注意する。

海に沈めた仕掛は、潮の流れによって横に流されてしまいます。隣で釣りをしている人の仕掛と絡まないように、ある程度流されたら仕掛を回収して沈め直すようにしましょう。

投げ釣り

投げ釣りは広い範囲の魚を狙うことができます。投げた時の爽快感が楽しく、
色んな魚も狙うことができるため堤防や砂浜で人気の釣りです。

投げ釣りで釣れる魚

投げ釣りは海底が砂地になっている場所ですることが多く、砂地に生息している魚がよく釣れます。

キス

キス:投げ釣りで一番狙われることが多い魚。キス特有の上品な味が人気。

カレイ

カレイ:食卓でなじみの深い魚。沢山は釣れないが釣れた時の嬉しさは大きい。

ハゼ:居れば簡単に釣れる魚。タイミングが良ければ数釣りを楽しめます。

カワハギ

カワハギ:口が小さくなかなか鈎が掛からないが、食べると美味しい。

チャリコ

チャリコ:真鯛の子ども。釣れたら海に帰してあげましょう。

メゴチ

メゴチ:キスを狙っている時に外道として釣れることが多い魚。

ベラ

ベラ:比較的釣りやすいですが、身に少し臭みがあるのであまり食べません。

フグ:毒があるので釣れても海に帰しましょう。

投げ釣りに必要な道具

投げ釣りをする際に必要になる道具を紹介します。
その他、釣りに必要な道具は「準備する持ち物」をご覧ください。

投げ仕掛:鈎が数本結ばれた仕掛。サビキ仕掛とは違い鈎のみで擬餌は付いていません。

天秤

天秤:V字型の釣り具。片方にオモリが付いていて、もう片方に仕掛を付けます。

刺しエサ

刺しエサ:鈎に刺して付けるエサ。主に虫エサを付けます。

投げ釣りの仕掛

投げ釣りの一番の特長は、天秤という釣具を使用することでしょう。リールの糸をまず天秤に結び、そこから仕掛が付く形になります。仕掛を投げて巻いている時に、根掛かり(岩にオモリや鈎が引っ掛かってしまう事)することがあります。糸が切れて仕掛やオモリが無くなることを想定して、少し多めに準備するようにしましょう。

使いやすい投げ釣りセット
お子様用の探り釣りセット。お子様が扱いやすい鈎数や全長に設計。

コンパクトロッド かんたん投げ釣りセット
短い竿でも扱いやすい投げ釣りセット。天秤と仕掛がすでにセットされた状態で売られているため、後はリールの糸を結ぶだけ。

仕掛の準備

竿にリールの糸を通した状態からの手順を解説します。

竿に糸を通すまでの手順はコチラ

パッケージから天秤を取り出します。

V字になった天秤の根元にあるアイ(輪っか)にリールの糸を結びます。

仕掛の結び方はコチラ

仕掛を天秤に付けます。

最後に竿を伸ばしたら準備完了です。

竿の伸ばし方はコチラ

さあいよいよ釣ってみよう!

釣りを開始する準備はできましたか?ではいよいよ投げ釣りの釣り方を説明します。投げ釣りは、エサを付けた仕掛を投げ飛ばし、海底をズルズル引いてくることで広い範囲の魚を狙います。投げ方も簡単で少し練習をすれば誰でもできるようになるでしょう。

刺しエサを仕掛の鈎に付けます。

エサの付け方はコチラ

竿を持ち、仕掛を投げます。

仕掛の投げ方はコチラ

仕掛が海底まで沈むとリールから出る糸が止まるので、リールのベールを倒して糸を巻ける状態にします。

ゆっくり(1秒間にリール1~半回転)糸を巻いて魚を誘います。オモリを海底から浮かさずにズルズル引いてくるイメージです。

途中で巻くのを止めて魚がエサを食べる時間を作りましょう。

魚が鈎に掛かると竿先がプルプルと小刻みに震えるので、竿先を上に立てて魚を鈎に掛けます。

水面まで巻き上げて、周囲の人に気を付けながら魚を陸にあげます。

最後に魚に掛かった鈎を外します。

鈎の外し方はコチラ

魚を水汲みバケツにしばらく泳がしておくか、クーラーボックスに入れましょう。あとは、同じ手順でどんどん魚を釣っていきます。

魚が釣れない!?

投げる方向を変えてみよう

同じ方向だけではなく、いろんな方向に仕掛を投げて広範囲に魚を探しましょう。ただし、隣の人と仕掛が絡まないように注意して下さい。

エサを新しく付け替えよう

ずっと同じエサを付けていると、エサから出るエキスなどが無くなり魚が釣れにくくなります。エサが白っぽくふやけてしまっていたら替えるようにしましょう。

糸を巻くスピードを遅くしてみる

糸を巻くスピードが速いと魚がエサを食べることを諦めてしまうことがあります。なかなか釣れないと思ったら巻くスピードをゆっくりにしてみましょう。

エサの長さを短くしてみよう

エサだけ食べられて鈎になかなか掛からない場合は、エサの長さを短くして鈎に掛かりやすくしてみましょう。

魚のアタリが分からない!?

竿でオモリを動かしてみよう

魚のアタリが分からない場合は、リールで糸を巻きながら誘うのではなく、画像の様に糸を巻かず竿を正面から横に動かして仕掛を引いてみましょう。この場合は、毎回糸のたるみを巻き取ってから横に動かすようにして下さい。

根掛かりしてしまった!?

勢いで外す

根掛かりはゆっくり引っ張ると、逆に喰い込んで取れなくなります。竿を2回ほどパンッパンッと素早く振り上げるようにして、瞬間的な力を加えることにより外れる場合が多いです。

どうしても外れない場合は切る

何をしても根掛かりが解消しない時は糸を切ります。できるだけ糸が海に残らないように、ハサミで手前を切るのではなく、糸を引っ張って遠くの仕掛の結び目などが切れるようにしましょう。その際、竿を曲げながら強引に引っ張ると、竿が折れてしまう場合があります。画像の様に竿を糸と水平にしてリールを後ろに引っ張って切るようにしましょう。またリールから糸が滑り出ないようにリールのスプール部分を抑えておきましょう。

注意点

糸を巻き過ぎない。

仕掛上部のサルカンが竿の先まで来ている状態で、さらに糸を巻くと竿の先が折れる場合があります。特に魚が釣れている際、ついつい巻き過ぎてしまうことが多いので気を付けましょう。

仕掛を陸に上げる時は周囲に注意する。

引き上げた仕掛が、隣の人に当たらないように注意。魚が掛かっている時でも慌てず周りに気を付けるようにしましょう。

隣の人と仕掛が絡まないように注意する。

海に沈めた仕掛は、潮の流れによって横に流されてしまいます。隣で釣りをしている人の仕掛と絡まないように、ある程度流されたら仕掛を回収して沈め直すようにしましょう。